16インチヴェルファイアハイブリッド30系WEDS ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 6.5Jx16エナセーブ RV504 215/65R16
【送料無料】 165/60R15 15インチ ENKEI エンケイ クラシック ENKEI 92 5J 5.00-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット【DU17sum】
武道具店の従業員から居合道で使う模擬刀について説明を受ける外国人客(京都市左京区・東山堂聖護院店)

 日本を訪れる外国人観光客から、剣道や居合道といった武道が人気を集めている。京都市内の武道具店は来店客が増え、剣道の防具を着けるのに使う手ぬぐいや竹刀などが売れ筋に。剣道の夜間稽古が開かれている施設は見学者が絶えず、「サムライ」の流れをくむスポーツへの関心の高まりを映している。

 上京区や左京区で武道具店を経営する東山堂(上京区)では近年、外国人客が目に見えて増えたという。同社広報課の木村真里子さん(31)は「観光地に近い左京区の店は以前から多いが、上京区の店もこの5年間で2~3割増えた。訪日ブームに加え、武道人気そのものも海外で高まっている」と背景を分析する。

 母国で日本武道を習う人は自分の道具を買い求め、未経験者はお土産として家紋をあしらったステッカーや竹刀、手ぬぐいを購入することが多いという。居合道を学んでいるニュージーランド人の大学生ザック・ヘルナンデスさんは、左京区の店で道着を注文。「京都観光に合わせて仕立てに来た。地元の店より本物という感じがする」と喜んだ。

 京都府剣道連盟が左京区の武徳殿で開いている夜間稽古には、外国人の見学者が少ない時で数人、多い時で十数人訪れる。同連盟の三好浩高事務局長は「この1年ほどで特に増えた。個人客がふらりと来ることが多いが、旅行業者に連れられて団体で来る場合もある」と話す。

 フランス人のエロディー・ドマンジェさんとシャルル・ルカスさんは9月上旬、同国人のブログを読んで興味を持ち、京都観光のついでに武徳殿を訪問。稽古の様子を熱心に見つめたり、スマートフォンで動画を撮影したりしていた。

 中国武術を習っているルカスさんは「印象深かったのは、攻撃の準備と一瞬の集中力を可能にしている競技者の心構え。習得するために、実際に剣道をやってみたい」と感想を語った。

【 2017年09月28日 08時48分 】

【送料無料】 DUNLOP ダンロップ ウィンターMAXX 01 WM01 165/55R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル M61 4.5J 4.50-15【DU17win】

    全国のニュース